どうしても借りたい時はここ!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

審査なしでお金を借りたいけど借りれるの?

 

お金を借りたいけれど、キャッシングで審査に落ちてしまった…他にも借金があるから審査に通るか不安…そんな方も居ますよね。

 

プロミス、アコム、モビットなどの有名な大手消費者金融や、銀行系のカードローンUFJ銀行カードローン、楽天銀行カードローン、イオン銀行カードローンや
などで審査に落ちるとどこで一体申し込みすればいいのかと迷う事でしょう。

 

審査なしでお金を借りられるキャッシングサービスがあれば、と思っても残念ながら全くの無審査で貸してくれる所はありません。

 

あるとすれば闇金ですが、闇金は絶対に利用してはいけません。

 

無審査は無理でも、ブラックでもきちんと審査してくれる、という所ならばきちんとした消費者金融の会社であります。
有名どころよりも、あまり宣伝等をしていないような中堅規模の所が狙い目です。

 

中堅消費者金融は、過去の事故歴や債務整理などの事情よりも今現在の状況を重視して審査して貰えますので借りやすくなっています。
過去に自己破産、過払い金請求、任意整理などの債務整理をしていても借りられるケースもあるのでまずは申込みをしてみましょう。

 

中小規模・中堅消費者金融でお金を借りるメリットとは

 

ひとくちに消費者金融と言っても、いろいろな会社があります。
大手もあれば知名度は低い中堅規模の金融があります。

 

借りるなら大手が良いと考える人も多いですが、中堅の消費者金融にもメリットがあります。

 

いちばん大きいメリットは独自審査を取り入れて借り入れがしやすいという所です。
他にも大きな額の借金のある人にでも柔軟な対応をしてくれますので、大手で借りられなかったけれど中堅の所で審査に通った!という人もたくさん居ます。

 

それから、中堅の会社はさまざまな特色があります。
たとえばレディースローンに力を入れている所ならお客様対応のスタッフが全員女性だったり、規模は小さな会社でも心配りは行き届いている所も多いのです。

 

学生ローンやサラリーマンローンなどもありますし、複数の借金を一本化するサービスをしている所もあります。
自分にとってメリットの大きい所を選べます。

 

銀行系カードローンは審査が厳しいのか

 

ローンを組むとなった時、初心者であればまず銀行系カードローンを思い浮かべることと思います。

 

テレビコマーシャルで30分で借りれるされているのでまずは聞いた事のある金融に申し込みするのが一般的です。
健全な信用情報のもとで借金をするのであれば銀行系カードローンの方が初期の金利も安く抑えることが出来、審査が通れば大きな金額を借り入れることもできるからです。ですがその代わりに審査が非常に厳しく、場合によっては連続して審査否決になることも考えられます。

 

まず必要な最低条件としては定職に付いていること、在籍確認が取れること、他社未納や債務整理などの債務事故を起こしていないことなどが挙げられます。当然の事のように思われるかと思いますが意外とこのうちの総量規制対象内であるか否かというのも非常に大きな問題で、メガバンク対応のカードローンなどであれば完全な法律順守ですので自社基準での可否ではなく完全に法律で決められた要項の中で審査を行います。したがって貸金業法に則って対応不可な項目が一つでもあると即審査否決になるのです。

 

とはいえども借入ができればカードローンはカード一枚でいつでもどこでも借入ができるというのが魅力ですので、審査を通して一枚カードを持っていても損はないかと思われます。ただ借りすぎてしまう人は最初から持たない方がよいでしょう。

 

 

高額融資 ブラックでも可能か

 

高額融資といえば銀行や大手の消費者金融会社など、資本金が豊富な金融会社が真っ先に連想されます。資金量が豊富な金融会社は最大借入限度額も高額に設定されているため、100万円以上の融資であっても難なく受けることができます。

 

そのため、高額融資を希望する場合は銀行や大手の消費者金融会社を利用するのが一般的なのですが、そもそもこのような大手は審査に厳しく、ブラックではほぼ確実に融資してもらえません。
ブラックは信用力が低いため、申込をしても審査で落とされるのが関の山です。

 

では、ブラックでも融資してくれる、審査の甘い消費者金融会社はどうなのかというと、これも難しいです。基本的にブラックでも融資してくれるような消費者金融会社とは中堅クラスの金融会社や街金融になります。

 

中堅規模の消費者金融会社は基本的に資金量が少なく、最大借入限度額も低めに設定されることが大半です。中には10万円すら借りれない貸金業者もあります。

 

他県の金融会社は借りにくいのか

 

今までは消費者金融からお金を借りるとなると、主に来店して申し込みをするか、専用のATMなどから申し込みをすることが多かったです。
来店となると、本店もしくは支店が自宅の近くにないと確かに借りづらいですし、専用のATMなどを全国に設置できるのは名前の知られている大手消費者金融でないと難しいので、少し前までは大手にばかり顧客が集中していました。それに、一目で消費者金融のATMと分かってしまうと、周りの目がきになるので抵抗がある人も少なくありませんでした。

 

しかし現在はインターネットの普及に伴い、他県からでも利用しやすくなっています。パソコンや携帯電話、スマホから申し込みをすることができるので、消費者金融側も本店だけで営業することができ、申し込みする場合は来店不要な場合が多いのです。
さらに最近ではよく見かけていた専用ATMなども少なくなってきています。コンビニに設置されているATMを利用できる消費者金融が増えてきているので、周りの目を気にすることもありません。

 

大手はもちろんですが、中小消費者金融もインターネット受付を行っている会社はたくさんあります。
審査に通りやすい消費者金融は支店を展開している会社は少ないですが、インターネットから申し込みすることで他県からでも気軽に利用することができます。しかし中には、関東地方のみ、近畿地方のみ、など、インターネットからでも地域限定している会社もあるので、確認が必要です。

 

このサイトがご紹介しているのは基本的にはネットで申し込み出来る消費者金融なので他県であっても借りれます。全国対応です。

 

グレーゾーン金利で借りていたら過払い金請求出来るから急いで

 

2010年に貸金業法及び出資法が改正されるまで、金融業界にはグレーゾーン金利と呼ばれる金利がありました。これは出資法が定める上限金利よりも低く、利息制限法が定める上限金利よりも高い金利帯のことであり、改正前の当時には本来であれば無効であるはずの上限金利を超える金利でお金を貸す業者が多く存在しました。

 

なぜ無効であるにも関わらず堂々と違法な金利でお金を貸すことができたのかというと、それは当時の出資法に登録を受けている業者であれば利息制限法を超えた金利の利息を受け取ったとしても、それを『有効な利息の債務の弁済とみなす』、いわゆるみなし弁済の規定があったからです。

 

この規定がある以上、たとえ違法な金利であっても一度支払われてしまったら最後、それは有効な弁済として見なされてしまうため、取り戻すことができませんでしたが、昭和39年11月18日の最高裁の判例により、利息制限法を超えた部分の利息については無効ということになりました。

 

利息制限法から見れば違法な金利も出資法から見れば合法な金利になるということで社会問題化したグレーゾーン金利はこうして解決、現在では判例にあわせて法律も改正されています。

 

改正前は取り戻すのが難しかった過払い金も現在は返還されやすいため、過払い金を支払ってしまった人や、現在も過払い金を払い続けている人は早速取り戻すための行動をとることをオススメします。

 

消費者金融で滞納すれば遅延損害金を払わなければならないので注意

 

金利は消費者金融会社などの貸金業者からお金を借りた場合、債権者に対して支払う対価のことです。商品やサービスを購入するとお金を払うのと同じように、債務者は債権者にお金を借りたことに対する対価として利息を支払うことになります。

 

では、遅延損害金とはどのようなものかというと、これは金銭債権の債務不履行における損害賠償という位置づけになりますので、通常の金利とは性質が異なります。

 

遅延損害金の年率が通常の金利と比べて高めに設定されているのも、このように両者の位置づけが異なるためであり、遅延損害金が発生すると債務者は大きな負担を背負うことになりますので、そうならないように返済日を守って支払いをすることが求められます。

 

金利が業者によって好き勝手自由に定められないのと同じように、遅延損害金にも上限があります。。

 

遅延損害金の法定金利は高めに設定されていますが、大手の消費者金融会社ではだいたい20%としていることが多いです。

 

もちろん、20%といっても通常の金利よりも高いため、やはり延滞はしないに越したことはありません。

 

もし消費者金融で借りるならば計画を立てて返済していかなければとても苦しい思いをするので借りる前に本当に毎月きちんと返せるか考えましょう。

 

自己破産したが借りられる金融を見つけたい

 

自己破産とは、借金がどうしても払えなくなってしまった人が行う債務整理の一つです。
大きな特徴としては、裁判所に破産申し立てを行い免責許可が下りると、借金が免除されるというものです。
しかし、家やあ土地、貯金などの財産は手放さなければなりませんし、弁護士などを利用する場合はそれなりの報酬金も必要となります。それでも悩み続けた借金が無くなる、というのは一から出直すためにも心強いものです。

 

しかしいいことばかりではありません。自己破産をすると、その情報が個人信用情報機関というものに記載されることになります。個人信用情報機関を通して新たに消費者金融などに申し込みをした場合、情報が共有されるので、自己破産者だということが消費者金融側にも分かってしまうのです。いわゆるブラックリストとなって、新たな借金は、10年間は出来なくなるのです。

 

しかし、自己破産者だからといって、門前払いする会社ばかりではありません。

 

あまり広告を出していない中小消費者金融なら、自己破産者でも審査の対象としている会社はたくさんあります。今現在の収入のバランスを見て、審査を行うので、自己破産してもきちんと働いていれば、相談にのってくれる会社はたくさんあるのです。