どうしても借りたい時はここ!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

消費者金融借り逃げ

テレビや映画ではよく消費者金融会社からの借り逃げに成功した人の姿が描かれることがありますが、現実の世界はフィクションの世界のように格好良くいくことはまずありません。消費者金融会社からの借り逃げは基本的に失敗しますので、借金の返済がどうしても困難ならば債務整理の方がオススメです。

 

消費者金融会社からの借り逃げに成功するためには5年から10年、一度も借金を返済せず、さらにその途中で一度も時効中断をしてはならないなど、多岐にわたる条件があります。

 

仮に借り逃げに成功したとしても、そのときのデータは信用情報機関に残るため、借り逃げに成功してからさに5年から10年はお金を借りるのが困難になるなどのデメリットがあります。

 

その一方で、確かに債務整理は一旦始めてしまうとその後はお金を借りるのが難しくなりますが、その反面、より建設的に借金を返済できるようになります。

 

特に自己破産などをすれば借金の返済の義務を即刻免責してもらうことも可能になります。自己破産をするとその情報は信用情報機関に残りますが、それは7年から10年もすればやがてなくなります。

 

いつ成功するかわからない借金の借り逃げよりも、確実に成功する債務整理の方が借金に対してより賢明なアプローチになります。

 

借金して債務整理する場合の弁護士費用

 

借金に苦しんでいる方というのは世の中にたくさんいらっしゃいます。その内容によっては明らかにその人の収益だけでは返済できないことがわかりきっていることもあります。そんな時には債務整理や借金のおまとめローン取り付けなどを行うのですがそれらが一人でできるのかといえば、債務整理になった時には困難と言えましょう。

 

そんな時に頼るのが弁護士や司法書士の在籍する法律事務所なのですが、ただここで気をつけたいのが実際の手続きを誰がするのか、なのです。

 

実は司法書士には代理権というものがありません。つまり裁判所などで手続きを必要とする場合はすべて自分で対応しなければならず、司法書士はあくまでもアシストに過ぎません。これらの実際の手続きを含めてすべて代理で対応するのであれば弁護士への依頼が必要です。

 

そうなると気になるのが料金ですが、弁護士に依頼をすると大体が30〜50万円程度と言われ、その金額は簡単に支払えるような金額ではありません。つまり弁護士に依頼をするということも叱りですが借金に対する救済手続きに関する価値・費用も同じく高額だということです。そう簡単に踏み込むことが出来ない債務整理ですが、実際に利用できるかどうか、ここにも壁は存在するのです。