どうしても借りたい時はここ!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

複数の消費者金融で借りているから不安

複数の消費者金融会社で借りている方、いわゆる多重債務者の方にとっての不安といえばやはり審査になります。銀行や消費者金融会社などの金融機関からお金を借りるためには毎回行われる審査を無事通過しないといけないのですが、それぞれの金融機関によって審査を通過できる他社借入件数に違いがあるからです。

 

ちなみに、銀行や大手の消費者金融会社の場合、3社以上他社借入件数があると審査落ちするとされています。

 

そのため、他社借入件数が1社もしくは2社しかないのであればそれほど審査に不安になる必要はないのですが、問題はそれよりも多くの他社借入件数がある場合です。

 

たとえ債務の額が同じであっても、他社借入件数が少ない人と多い人が申し込みをした場合、審査に合格する確率が高いのは他社借入件数が少ない人になります。他社借入件数が審査において占めている立ち位置は非常に重要視されているので、複数の消費者金融で借りているという人は事前に一つでも多く他社借入件数を減らしておくことをオススメします。

 

他社借入件数を減らせば審査で合格する確率が上がります。しかし、債務の額が高く、どうしても減らせそうにないときには中堅の消費者金融会社なども検討すると良いです。

 

審査が甘い中堅の消費者金融会社の中には他社借入件数が5件までとするところもあります。このような審査が甘い消費者金融会社に申し込むことで、借入件数が多い人であっても安心してお金を借りることができるのです。

 

多重債務を一つにまとめる

 

多重債務者の場合、手数料もあちこちの金融に払わなければなりませんし、イチイチ支払日を覚えておかなければならない面倒さがあります。
うっかり返済日を忘れてしまい返済が滞ってしまえば催促の連絡が入りますので出来ればそのような事態は避けたいです。

 

3社、4社、5社などの複数の借金を一つにまとめたほうが手間を考えれば楽になります。

 

しかしメリットばかりではありません。

 

借金一本化 危険なのか

 

弁護士などに依頼をして債務整理を実施するとなっても高額な費用がかさんでしまう、ただし毎月の複数社分の返済を行うには毎月の収入も間に合わない。そうなった時に取るべき方法が借金の一本化、つまりおまとめローンの利用なのですが、実はこのおまとめローンは利用の仕方によっては注意しなければならないことがあります。

 

というのも、あくまでおまとめローンはその名の通り「現在ある借金を一本化させる」ということを理由に貸付を行っているため、他の用途に利用していることが発覚した場合には一括で返済請求をされてしまう可能性があるのです。この確認を行うのも実に簡単で、個人信用情報を閲覧した際に借入をしている業者に治して完済履歴があるかどうかを確認するだけでおまとめローン提供会社はそのお金を「返済に使ったか否か」を判断することができるのです。

 

もちろん名前からして借金の一本化を図りたい人だけが本来利用すると考えられますが、おまとめローンは場合によっては通常ローンよりも金利が低いことがあり、その金利目当てに返済目的以外でローン締結をしようとする人もいらっしゃるのです。そうした偽りの利用を行うことが無いよう貸付の際も呼びかけをしているようです。