どうしても借りたい時はここ!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

お金を借りた時の体験談や生活苦の体験

ここではお金を借りた体験談をご紹介しています。

 

借りれない時の対策になればと思います。

 

友達に借りた1万円

 

数か月前、バイト先で財布を盗まれました。
中にはもらったばかりのバイト代数万円が入っていました。
学生の私にとっては大金です。
仕送りがあってもやっぱり生活は苦しいもの。
不安がいっぱいになり、泣いてしまいました。

 

とりあえずのお金をどうしたらいいか悩んでいたら、バイトの友達が
何も言わずに一万円を渡してくれました。
その友達も学生で厳しい生活をしているはずなのに、それでも貸してくれたのです。
来月のお給料には返すから、そういうと「いつでもいいよ」と優しくいってくれすごくうれしかったです。なくなってしまったものはしょうがありません。もうこうなったら盗まれた分のお金も取り返すべくほとんど毎日をバイトで過ごしました。

 

そして翌月、私は友達に1万円を返すことができました。
その1万円がなければ食事もできなかったのでありがたかったです。
お金を借りることは正直あまりいい気はしないのですが本当に困ってしまったときに手を差し伸べてくれた友達に感謝です。

 

結婚式の二次会で友人にお金を借りる。

 

つい先日のことでした。会社の元同僚の結婚式の披露宴に出席しました。
私と私の家内は元々同じ会社に勤めていて、その元同僚とも知り合いでした。なので私たちは夫婦で出席していました。
その元同僚は転職して別の会社に移っており、出席者は新しい会社の人たちが多いらしく私たちの知り合いはほとんど見かけませんでした。
披露宴が終わり、帰り支度をしていたらその元同僚が私たちのところへやって来て二次会にも参加してくれとお願いされました。私の家内は子供を親に預かってもらっていたので帰ることになりましたが私は出席することになりました。引き出物や私のセカンドバッグなどは家内に持って帰ってもらいました。
二次会会場に着いて受付で参加費を払おうと礼服の内ポケットの財布を取り出そうとしたところ、あるはずの財布がありません。おそらく家内に預けたバッグの中に入れてしまったようです。周りにはお金を借りられそうな人もいなくて私の元同僚を呼んでもらい、恥ずかしながら参加費と帰りの電車代を借りてしまいました。
とても恥ずかしかったです。

 

友達にお金を借りて生活していた頃の話

 

私は学生の頃、大学の近くに部屋を借りて一人暮らしをしながら親の仕送りで生活して大学に通っていました。
しかしある日突然両親からの仕送りが途絶えてしまったことがあり、両親からの連絡も何週間たってもまったく音沙汰もなしで、こちらから電話をかけても連絡が取れない状況でした。

 

その後父の会社が倒産して両親が夜逃げしたことを知り、私は仕方なくアルバイトを始めて学費や生活費を稼ぐことにしたのです。
しかしアルバイトしながら大学に通うことはとても大変で、最初は複数のアルバイトを掛け持ちしていましたが、結局はコンビニのアルバイトだけを続けることにしたのです。
当然コンビニのアルバイトだけでは、生活費や学費の両方を稼ぐことは難しかったので、私は大学の友人にお金を借りるようになってしまいました。
そのうち友人から借りるお金も増えていって、一人の友人からお金を借りれなくなったら、別の友人からお金を借りると言うことを繰り返していました。
そのうちに私は周囲からの信頼もなくして、結局は大学も途中でやめることになってしまいました。